読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Virtual Box(Windows)にCentOSをインストールする方法

VirtualBox(Windows)にCentOSをインストールする方法。
VirtualBoxのインストール方法はこちら

CentOS インストール準備

まずは、公式ページからIOSファイルをダウンロードする。
(IOSファイルとは、CDやDVDなどの中身を1つにまとめたファイルのこと。)

【Get CentOS Now】ボタンをクリックする。

【DVDISO】をダウンロードする。
⇒ネットワーク回線が狭い環境の場合【MinimalISO】を選ぶと良いらしい。

ダウンロードするURLがたくさんでてくる。

「Actual Country」の下が日本のサーバーなのでそこから選択する。

選択したらダウンロード終わるまで待つ。

仮想マシン作成〉

終わったら、VirtualBox開く。仮想マシン作成します。

【新規(N)】クリック。

仮想マシンの名前とオペレーティングシステムのタイプ選択。

タイプはUbuntu同様、Linux。バージョンはRed Hat

次に、メモリーやハードディスクのサイズなどの設定。
メモリは最低でも512Mib必要らしい。
ハードドライブのファイルタイプはVID
物理ハードドライブにあるストレージは固定サイズを。
仮想ドライブの容量を指定。
私は、10.00GBにしたかな、たしか。

ここまできたら、作成した仮想マシンが左側の仮想マシン一覧に追加されます。
仮想マシンを選択し、左上の【設定】をクリック。

設定ダイアログが表示されたら、左側にある【ストレージ】を選択。

コントローラー:IDEの下にある【空】をクリックし、右側にある【光学ドライブ】のさらに右側にあるディスクのマークをクリック。
「仮想光学ディスクファイルを選択」をおし、ダウンロードしたファイルを選択。

Ubuntuと同じやね。

ここまできたらインストールする準備は完了。

インストール手順

仮想マシン一覧から作成した仮想マシンを選択し、【起動】を選択。

CentOSインストーラーが起動するので、そのまま【Enter】キー

次に言語を選択する。
日本語を選択。

次にインストールの概要を決めます。

・「ソフトウェアの選択」しベース環境からサーバー(GUI使用)を選択して【完了】。
・「インストール先」を選択し何もせずに【完了】。
・「ネットワークとホスト名」を選択し設定画面の右側上にあるスイッチをオンにして【完了】。

次にユーザーの設定をします。
その際に記号や暗号化方式の互換性に目を通しておくこと。

・「rootパスワード」を選択し任意のrootパスワードを入力して【完了】。
・「ユーザーの作成」を選択して任意のフルネーム、ユーザー名、パスワードを入力する。[sudo]と[sudoedit]コマンドを有効にするため、「このユーザーを管理者にする」にチェックをいれて【完了】。

CentOSのインストールが完了するのを待つ。
終わったら、設定画面左下の【再起動】をクリック。

再起動後、初期セットアップ画面が表示される。
「ライセンス情報」を選択し、同意できるならライセンス契約に同意する。
チェックいれて【完了】し【設定の完了】。

ログイン画面い切り替えるので、ユーザーを選択しログインする。

日本語が選択されているのでそのまま【次へ】。

入力ソースもそのまま【次へ】。

オンラインアカウントもそのまま【次へ】。

「Start using CentOS Linux」をクリックしてセットアップを完了。


〈参考〉
VirtualBox (Windows) 上に CentOS 7 をインストールする
【初心者でもわかる】Linux CentOSのインストール方法まとめ